台湾・台北の格安宿泊ホテル(1000元以下、3000円以下/1泊)を探した結果

台北にある格安宿泊施設(大旅社、旅社、大飯店、飯店)についての話です。

来月、台北に用事があるため、どうしても宿泊する必要があります。

いや、台北から台中までを2往復してもよいのですが、考えてみると費用対効果も時間対効果もよくないため、台北に宿泊することにしました。



いいぞっは、元バックパッカーですので、料金が安くて便利なロケーションであれば、多少建物が古くても、トイレやバスが共同であろうと問題なしです。

このような条件に最も当てはまる宿泊施設で、台北に宿泊する場所で最も宿泊料金が安いのはゲストハウスだと思います。

台北のゲストハウスと言えば、以下のような宿泊施設が思い浮かびます。

あかり
EZstay
ゲストハウスJo
ゲストハウス Jasmin Jam
ゲストハウス101
ゲストハウス 山田屋
ゲストハウス くまくん。
など

挙げてみるとまだまだ台北にはゲストハウスが多くあります。

ゲストハウスとは、1室に4ベットや6ベットで1室をシェアして宿泊するスタイルの宿泊施設です。

のんびりとした一人旅で宿泊するのであれば、このようなゲストハウスは情報も集まりやすく、楽しい旅の一部分になりえます。

ところが、今回は、宿泊翌日は仕事のため、やはり1人部屋でのんびりリラックスして身体を休めたいという気持ちが強く、今回はゲストハウスをパスしました。



それでは、1人1室利用でできるだけ宿泊料金が安いホテルはどのようなものがあるか、調べてみました。

まずは、「台北 カプセルホテル」というキーワードで検索してみたところ、品格子旅店(Inn cube)という台湾版カプセルホテルが見つかりました。

このホテルは、平日1泊690元または750元で宿泊できるようです。

写真で見る限り、かなり狭そうですが小奇麗そうでプライベートは確保されているようですので女性でも気軽に利用できそうです。

ところが、このカプセルホテルは台北では人気があるのか、インターネットで予約をしようとしたところ、既に予約で満室となっていました。



そのため、別の方法で台北駅近くの格安ホテルを探すことにしました。

ところが、ネット大手の旅行代理店で検索してみても1泊1室1000元以下の格安ホテルはほとんど見つかりません。

それもそのはずです。

1泊1000元以下のホテルを仲介しても、受け取られる手数料は随分と少ないコミッションになりますから、そのような格安ホテルは仲介していないのでしょう。

やむを得ず、中国語の検索サーチでいろいろ調べてみました。



いいぞっが調べた結果、以下のような1泊1000元以下の格安ホテルが見つかりました。

ただし、宿泊経験者のコメントなどでは決してよい評価ばかりではなく、古い、あまり清潔ではない、うるさい、などマイナスイメージの評価が目立ちます。

旅社


ところが、このようなデメリットは、自分にとっては余り重要なことではありません。

かつて、インドを1人旅で放浪した時には、ガラス窓がなく鉄格子だけの安宿に滞在したことがあり、翌日早朝、目を覚ますと何匹かのお猿さんが鉄格子の外側からこちらを覗いていました。

番犬ならぬ、番猿でした。こんな経験をしている自分にとっては横になれるベット一つあれば、その他の条件はあまり気になりません。

話がそれましたが、以下のホテルはパックパっカーであれば、上級クラスのホテルでしょうが、一般的な観光客にとっては★一つも上げられないくらい低レベルのホテルになるかもしれません。

・皇后旅社
・獅城大飯店
・華大旅社
・迎賓旅社
・北門大旅社
・和泰大飯店
・梅山園大旅社
・人人別館
・建山大旅社
・嘉榮旅社
・福來旅社
・宮林賓館

台北駅近くで徒歩で行けそうな格安ホテルで、すべて1泊1000元以下で、おおむね500元から900元くらいで宿泊できそうなホテルです。

実際には、これらのホテルのほとんどはウェブページを持っていないため、もし予約をしようとしても電話でしか予約をすることができません。(予約を受け付けているかも不明ですがw)

また、インターネット上の情報が古かったり、情報が間違っているかもしれないので、実際にホテルの受付窓口に行かないと実情は分かりません。

そのため、過去の利用者の評価通り、残念な宿泊施設かもしれません。

実際に、これらの格安ホテルを利用してみた実体験は、次回機会があれば、このブログで記事にしたいと思います。

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR