スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で日本の書籍を購入する方法(紀伊國屋書店台湾)と日本との価格差

台湾で日本の書籍を購入する方法と日本で同じ書籍を購入する場合の価格差についてレポートします。

台湾をはじめとした海外で生活をしていると日本語の本を読みたくなる時があります。

そんな時には、本を購入するか借りるかの選択になりますが、海外で本を借りる場合は、かなり大きな図書館に行けば日本語の書籍がありますので、そこで読むことができます。

ところが、そのような図書館などで借りることができる日本語の本は、かなり古い本の場合が多いです。



例えば、新書を読みたい時には、購入することになります。

今回、どうしても手元に1冊置いておきたい日本語の書籍があったので、日本のアマゾンで購入して、日本から台湾に国際郵便などで送ってもらおうと思いました。

そして、アマゾンのサイトを見てみると、アマゾンで注文をすれば直接、台湾へ海外配送してくれるサービスも提供していることを知りました。

これは便利なサービスだなと思い、早速、海外配送料金を調べてみると、台湾への海外配送料金は以下の通りでした。

■配送料(1箇所につき)400円
■手数料(1冊につき)  300円

例えば、1冊の注文であれば、プラス700円で海外配送してもらえるようです。

或いは、10冊の注文であれば、プラス3400円で海外配送してもらえるようです。

これくらいの料金であれば、まあまあ良心的な価格設定かなと思います。



台湾には紀伊國屋書店が日本から進出してきています。

紀伊國屋書店(台湾)です。

そのため、紀伊國屋書店で日本の書籍を購入することもできます。

そこで、日本のアマゾンで書籍を購入するのと台湾の紀伊國屋書店で書籍を購入するのとでは、どれくらい価格差が発生するのか調べてみました。




まず、アマゾンでベストセラーになっている、「21世紀の資本」(トマ・ピケティ著)を例にとって価格比較をしてみます。

amazon.jpg



それでは、台湾の紀伊國屋書店ではいくらで販売されているでしょうか?

kinokuniya.jpg

■ウェブ価格:2173元(8040円|3.7円/元)
■会員価格 :1956元(7237円|3.7円/元)

■アマゾン  :5940円

結論的には、台湾で日本の書籍を紀伊國屋書店で購入すると20%から40%程度割り増しの価格で購入することができます。

日本には再販制度があるため、書籍の価格はどこで購入しても定価販売となっていますが、台湾にはそのような制度がないため、会員価格や割引価格が存在するため、単純比較はできません。

また、アマゾンのウェブサイトには日本国内への配送は消費税が掛かるとの表記がありました。

逆に言えば、アマゾンから海外へ直接発送してもらえば、消費税の8%は課税されないということだと思います。

反面、台湾の通関で関税などの対象になる可能性があるため、実際に日本から輸入して見ないとどのような税金がどれくらい課税されるのかは不明です。

今回私が購入しようと考えていた書籍は上記の書籍ではないのですが、台湾の紀伊國屋書店では、以外にも欠品になっている書籍が多すぎてなかなか利用し難い面もあります。

そのため、何冊かまとめて購入するのであれば、アマゾンで直接海外へ配送してもらった方が手軽に購入ができそうです。

今回私が購入したかったが紀伊國屋(台湾)では欠品だった書籍
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

台湾のガソリン価格の最新動向|2014年末~2015年初頭の3ヶ月間での急落

台湾でのガソリン価格の動向についてレポートします。

2014年11月から2015年1月の約3ヶ月間でどれくらいの価格変動があったのか、ガソリンスタンドで給油時にもらうレシートを基に検証してみようと思います。

利用しているガソリンスタンドは毎回同じところで、給油している油種も毎回同じく95無鉛ガソリンです。

IMAG1949.jpg

IMAG1948.jpg

IMAG1950.jpg




結論から言えば、最近の国際的な原油価格の急落により台湾ではガソリン価格が随分と安くなりました。

下記の表は、約3ヶ月間の台湾でのガソリン価格の単価(元/ℓ)を一覧表にまとめものです。
月日11/411/1011/1411/1911/2412/412/1012/1612/301/71/20
単価31.330.730.730.229.829.628.427.426.525.823.6

実際には2ヵ月半程度で、1リットル当たり7.7元(30円弱)下落したことになります。

下落率を計算すると25%程度、ガソリン価格は安くなり急落したことになります。

以下の画像は、日本のガソリン価格の過去1年間の動向です。

ガソリン価格

日本でも同様に2014年11月からガソリン価格は急落しているのが分かります。

2014年11月 155円/リットル
2015年01月 132円/リットル

日本のガソリン価格は、約3ヶ月で23円安くなり、下落率にすると15%程度下落したことになります。

台湾のガソリン価格の急落ほど日本のガソリンは安くなっていないですね。



日本と台湾のガソリン価格の動向を比較すると、台湾のガソリン価格の方が国際的な原油市場の暴落を反映した価格になっているように見えます。

原油価格とガソリン価格の原料と商品という関係からも相関はあるでしょう。

とはいえ、原油価格の算出方法や産業構成や人口の違いなどにより備蓄在庫の状況などからそれぞれの国により原油調達方法や原価の下落による価格転嫁も異なりますので、日本と台湾では消費者へのガソリン価格が異なるのが当たり前です。

一般的には、日本の方が人口も多く原油が必要な産業も規模が大きいため、原油の備蓄在庫も比較的多いと予測されますので、原油価格の下落分が直接、最終消費者へのガソリン価格に価格転嫁しにくいことでしょう。

そのため、今のところ日本のガソリン価格の方が下落率については台湾のガソリン価格ほど大幅ではないのかもしれません。

過去に調達した備蓄分のガソリンが市場に出回るまでは、その当時の調達原価がまだまだ価格に転嫁され続けるでしょうから、店頭のガソリン価格もしばらく下がり続けるのではないでしょうか。

台湾では灯油の需要はあまりありませんが、日本ではこれから更に寒くなる季節ですから、灯油の価格も下がり家の中だけでなく少しだけ懐も暖かくなりそうですね。



以下は、日本と台湾ではガソリン価格がどれだけ異なるかをレポートした記事です。

台湾のガソリン価格~日本と台湾の物価比較をしてみた結果~

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台湾ユニクロと日本ユニクロの同一商品での価格比較

台湾のユニクロと日本のユニクロの同一商品で単純な価格比較をしてみました。

最近、台湾の地方都市にも急速にユニクロ店舗が展開されています。

以前、台湾のユニクロをチラッと店舗内を見た感じでは、日本と同じ商品を販売されているようでした。



台湾人にとってのユニクロのイメージは日本のユニクロとは少し異なるように感じます。

私が日本にいた時のユニクロのイメージは、大衆服を大量生産して大量販売するカジュアルファッションブランドとの印象でした。

ところが、台湾人にとってのユニクロブランドは、ジャパンブランドそのもののようです。

台湾の露天などで販売されている服の価格と比較すると随分と高めですが、どこの企業が生産して品質管理しているか分からない一般的に台湾で安いと思われる服は、品質が一定していないです。

例えば、縫い目がほつれかかっていても割引なしで販売されていたり、ボタンが取れかかっていても問題なく販売されていたり、ファスナーがスムーズに動かなくても何事もなく販売されています。

そのような商品と比べると、ユニクロの商品は、品質が一定しているという点で、台湾人にとっては非常に安心して購入できる日本の高品質ブランドとしてのプレゼンスを確立しています。

それでは、ユニクロのデザインはどうでしょうか?

ユニクロというブランド名通り、デザインも、どの年代や性別を問わず、受け入れられるところに強みを感じます。



そこで、台湾でも人気の高いユニクロの商品は、日本と台湾ではどちらが価格が高く、どれくらい価格が異なるのか、気になりますね。

インターネット上の情報を基に、おそらく同一商品だろうと思われるパンツの価格比較をしてみました。

まず、日本でも台湾でも最近人気が高いストレッチスリムジーンズの日本のユニクロでの価格です。

uniqlo_japan.png

画像一番下の方に、1990円(税抜価格)とあります。



それでは、台湾のユニクロで同一商品の価格はいくらでしょうか?

こちらもインターネット上の価格です。

uniqlo_taiwan.png

少し見難いですが、台湾元で990元(税込価格)、917元(税抜価格)



つまり、下記のような販売価格での比較結果になります。

・日本のユニクロ : 1990円
・台湾のユニクロ : 3490円(3.8円/元換算)

日本で1990円で販売されている商品は、台湾では3490円で販売されているため、その価格差は丁度、台湾のユニクロの方が日本のユニクロよりも1500円程度高いという結果になり、およそ75%も価格が高くなっていました。

他の同一商品でも価格比較をしてみましたが、1000~2000円くらいの幅で平均すると1500円くらい台湾のユニクロの方が高い価格設定でした。



それにしても、なぜこれほども商品の設定価格に差が出るのでしょうか?

・円安という為替要因
・関税(中国→台湾)が高い?
・台湾ではJAPANブランド信仰が高いため強気の価格設定が可能

3番目の要因は勝手な想像ですが、台湾では、まだユニクロに対抗できる日本の他のファッションブランドが存在しないからでしょうか。

日本のように、そこそこ高品質な商品を、イオンなどの別の企業で大量生産・大量販売できる企業が台湾にも進出してこれば、状況は変わるかもしれませんね。

このような状況が今後も続けば、日本のユニクロの通販サイトを利用して、必要な商品を何点か購入して、親族か友人に頼んで日本から台湾に送ってもらった方が、安く購入できそうです。

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。