高雄国際空港から自宅までの空港宅配便

高雄国際空港から空港宅配便利用についてのご紹介です。

今回も日本から台湾に戻ってくる際に20kgの段ボール箱2箱分の荷物を持ってきました。

空港から総重量40kgの荷物を運ぶのは非常に負担がかかります。

そこで利用するのが空港宅配便で、国際空港であればどこかの業者が請け負っています。



桃園国際空港ではペリカンマークの台湾宅配通が空港宅配便業務を受けていますが、高雄国際空港では鳳凰航空貨運(PINOY)という業者が空港宅配便業務を請け負っています。

IMAG1166.jpg

IMAG1255.jpg

高雄国際空港での空港宅配便の利用方法は、出国フロアーにあるPINOYの受付窓口に荷物を持っていき、お届け先の住所、名前、電話番号を記入するだけです。

そのほかは、窓口のスタッフがすべて手続きをしてくれました。

荷物を受け付ける際に、荷物の大きさと重量を測定していました。

今回私が持ち込んだダンボールの大きさは2箱ともほぼ同じ大きさで、120cm超で、重量はどちらも20kg弱でした。

そして、これらの荷物を空港から自宅までの配送料金は1箱当たり300元で、2箱で600元でした。

IMAG1257.jpg

以前、桃園国際空港から自宅まで台湾宅配通で空港宅配便を利用した時は、以下の通り20kg1箱あたり230元でしたので、少し高めの配送料金です。

海外移住のための海外引越②



そして、お土産などの手荷物もいくつか持ち歩かなければいけないのも煩わしかったので、小型の段ボール箱に詰め込んで、もう1箱送ってもらいました。
IMAG1254.jpg

こちらの利用料金は400元でその内訳は以下の通りでした。
段ボール箱代 : 150元
配送料金    : 250元
 


こちらの配送業者のターゲット客は中国人のようでして、台湾から中国大陸への運送を得意としているようでした。

そのため、ラッピングサービスを大々的に宣伝していて、利用料金などは以下の通りです。

IMAG1256.jpg
空港でPINOYと言う窓口で依頼した空港宅配便は、黒猫宅配便で自宅まで届けられました。

PINOYが窓口業務を受託しているのか、配達業務だけをクロネコに委託しているのか定かではないですが、依頼した荷物は翌日には自宅に届けられました。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR