スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の晩婚化と初婚の平均年齢ともう一つの問題(未婚率)

台湾での晩婚化と初婚の平均年齢についてのご紹介です。

2013年の台湾人の初婚年齢が男女とも過去最高になったという情報を見かけました。

その情報(内政部の統計)では、台湾の男女別の初婚平均年齢は以下の通りでした。

台湾人男性の初婚平均年齢:32.0歳
台湾人女性の初婚平均年齢:29.7歳
(2013年のデータ)

それでは、日本の初婚平均年齢は何歳でしょうか?

日本人男性の初婚平均年齢:30.8歳
日本人女性の初婚平均年齢:29.2歳
(2012年のデータ)

ついでに韓国の初婚平均年齢jも掲載しておきましょう。

韓国人男性の初婚平均年齢:32.6歳
韓国人女性の初婚平均年齢:30.4歳
(2013年)

台湾のデータは2013年のもので、日本データは2012年のものという違いはありますが、台湾の晩婚化が際立っていることが分かります。

一般的には、発展途上国では初婚の平均年齢は低く、先進国になるにつれて晩婚化が進むという傾向にあるでしょう。

日本はもとより韓国や台湾も十分に先進国といっていいでしょうから、各国を同じ先進国と考えると、やはり、どの国も同じような晩婚化の傾向があるといえます。

10年前、20年前と比べると、特に各国とも女性の晩婚化が進んでいることが分かります。

この晩婚化の要因は何でしょうか?

内閣府の「家族と地域における子育てに関する意識調査」の結果

1位 独身の自由さや気楽さを失いたくないから
2位 経済的に余裕がないから
3位 結婚の必要性を感じていないから

若い世代で未婚・晩婚が増えている理由(未婚女性)

1位 独身の自由さや気楽さを失いたくないから
2位 希望の条件を満たす相手にめぐり会わないから
3位 経済的に余裕がないから
4位 結婚の必要性を感じていないから
5位 異性と知り合う(出会う)機会がないから
5位 仕事に打ち込みたいから



以上の結果から分かる通り、未婚女性の結婚観では、未婚の自由や気楽さを失いたくないという理由が最も大きな理由だということが分かります。

これは、女性の社会に対する傾向をよく表しているように思います。

つまり、女性の社会進出により、社会の中でより女性が経済的にも精神的にもより独立した存在になりつつあります。

そのため、一昔前のように、男性の経済力に頼るのではなく、自分の自由を守りながら、経済的に自立して生きて生きたいという傾向があるのではないでしょうか。

近年の離婚率の上昇も、上記の理由である程度説明が付けられるでしょう。



そして、台湾の晩婚化に話を戻しますと、台湾では日本以上に夫婦共働きが多いということが示しているように、特に都市部では正規雇用か非正規雇用かを問わず、台湾の女性で専業主婦という方はむしろ少ないでしょう。

初婚の平均年齢が晩婚化しているという傾向に間違いはないでしょうが、実はもっと深刻なことは、晩婚化ではないと思います。

上記の日本の未婚女性の結婚しない理由の結果から分かる通り、今後は結婚しない人の比率、つまり未婚率が上がっていくことだと思います。(日本の調査結果がそっくりそのまま台湾に当てはめられるかどうかは別問題ですが)

そうなると、必然的に出生率が低下して、全般的な社会の流れとして、少子化への直接的な影響が懸念されます。(結婚しないと出産できないというわけではないですが)

やはり、近年の台湾の少子高齢化の社会の傾向は、このような10年のスパンで見ると、このような結婚観や結婚に対する若者の考え方の変化も影響しているのでしょう。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。