スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾に日本のソースが普及していない理由を考えてみた

台湾で日本でよく使われているソースを見かける事は稀です。

日本で豚カツなどのフライや天ぷらあるいはお好み焼きやたこ焼きなどにかけるソースは、台湾のレストランどころかスーパーでさえも見かけることは非常に少ないです。

もちろん、日本から進出してきた豚カツ専門のレストランでは使われていたり、日本食材専門のスーパーでは販売されています。



それでは、日本の醤油はどうでしょうか?

キッコーマンなどの日本メーカーの醤油は、台湾のどのローカルスーパーでも購入することができます。

また、台湾のローカル食堂などでも、ほぼ同じ味と風味の醤油は用意されています。

このことから、醤油という調味料は日本と台湾では共通の食文化といってもよいかと思います。

そう考えると、コーミこいくちソースやカゴメウスターソースなどのソースは日本独特の調味料なのかなと感じます。



そこで、自分の家庭も含めて台湾人の友人・知人に、なぜ日本のソースは台湾で受け入れられないのか、という問いかけをしてみました。

その答えは、どの台湾人の方の答えもハッキリと日本人が納得できるようなものではありませんでした。

なんとなく味や風味が台湾人には合わなくて、醤油をベースにした味付けの方が味も風味もよいからでしょうという、曖昧な結論になりました。



そこで、日本人の視点から勝手に台湾で日本のソースが調味料として浸透しない理由を考えてみました。

台湾でも焼きそばやたこ焼きはありますが、ソース味の焼きそばやソース味のたこ焼きを見かけたことがありません。

台湾の焼きそばやたこ焼きは、一般的に醤油ベースのタレで味が付けられていて、それに加えて、自分の好みによって辣椒醤・唐辛子ソースなどをかけて食べたりします。



私が日本でいつも使っていたソースは、コーミこいくちソースです。



日本でこのコーミソースを使う場面は、豚カツをはじめとした揚げ物にかけたり、お好み焼きやたこ焼きを作った時のタレとして、あるいは焼きそばの味付けようとして使っていました。

そう考えると、日本でもソースを使う場面は限られている上に、焼きそば以外のものは出来上がったものの味付けようとして使っていることに気が付きました。

台湾では、豚カツをはじめとした揚げ物には、元々ころも等に味付けがされています。

その上で、出来上がった揚げ物に唐辛子ペッパーやそれぞれのお店の特性タレ(醤油ベース)などで味をつけて食べることが一般的です。

やはり日本の少し甘みのあるソースの出番はありません。

台湾で焼きそばに日本のソースを使わないのは、おそらく焼いた時に醤油を使えば香ばしい美味しそうでよだれが出そうな香りがするのに対して、日本のソースの場合は、独特な鼻を突くような臭いがあるためかなと思ったりします。

台湾人の方には、味は少し甘みがあり、風味も少し独特な日本のソースを使うくらいなら、醤油ベースのタレやピリッと辛い唐辛子味の方が合っているのでしょう。

今度機会があれば、台湾の方に「日本の日清焼そばU.F.O.」(もちろんソース味)を食べてもらい、感想を聞いてみようと思います。

関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

No title

ウスターソース見たいのって、麺、湯に入れてませんか?
味が似てる、と思ったのですが。

Re: No title

あれっ、ウスターソースは、日本では焼きそばや豚カツにかけて食べるものですよね。
自分の勘違いだったらすみません。
先日、台湾でも比較的大きなスーパーなら日本のウスターソースが販売していました。
ついでに、ウスターソースに(臭いも味も)非常に似ているソースを見つけました。
容器には黒酢と書かれていました。
台湾では麺に黒酢をかけて食べる習慣はあるようですね。

> ウスターソース見たいのって、麺、湯に入れてませんか?
> 味が似てる、と思ったのですが。
お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。