スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で働く場合の選択肢|駐在員vs現地採用・日本企業vs台湾企業・就職vs起業

台湾で働く場合の選択肢について、簡単にご紹介したいと思います。

購読者の方から以下のような、ご経験に基づく、意見とコメントを頂きまして、これから台湾で就職したいと考えている方には非常に参考になるかと思いますので、転載します。

台湾で働く、条件によって、立場が違うと思います。

1.日本人の本社派遣の駐在員として、働く。
  現地の従業員は同僚ですが、日本から、本社から来ているとして、
  総務的な事、住むところ、病院、子供の学校、何から何まで世話してくれ、
  日本にも定期的に帰れます。但し、数年で、自分の意志に反して、帰国辞令がでます。

2.日本人教師として働く。
  大手補習班、夜間高校(台北の板橋)で働いた経験ですが、一年契約の身分は
  不安定。ただ、授業の評判さえ良ければ、同僚、上司に厳しく指導、いじめ等を
  受けることなく、割合、自由。人間関係で仕事を広げて、一か月2.8万NTほど、
  稼いでいました。

3.台湾企業で働く
  やはり、これは厳しい。例えば、貿易会社、メーカーの日本担当。同僚、上司の
  指導がやはり、台湾的。多くの方が耐えられないと思う。

4.日本企業で、日本の上司に仕える。
  比較的働きやすいと思う。但し、待遇が日本からの派遣されている社員と異なり、
  あくまで、現地採用ベース、ずっと継続すると、気分が悪いかもしれない。

5.自分で開業
  リスクが高い。比較的成功しているのが、日本人相手のゲストハウスの印象を受ける。

勝手な経験です。一つのコメントして、ご参考頂ければ幸いです。





以上のご意見に基づき、台湾で就労しようとした場合の働き方(就職か起業か)、就職する場合は就職先(日本企業か台湾企業か)、日本企業へ就職の場合は契約スタイル(駐在員か現地採用か)により分類して、それぞれのメリットやデメリットを考えて見ます。

メリットデメリット備考
起業成功すれば海外移住が望めます
成功するまでは高リスク
日本料理レストラン、美容院、
ゲストハウス、日本語学校
就職定期的な収入が確保できる
比較的ストレスが多くなります
就労ビザの取得が必須
人材紹介会社を利用して就職活動
台湾企業か日本企業かの選択
台湾企業  自分のポジションを確立すれば
重宝される
上司・同僚は台湾人ばかりで
仕事の進め方が異なりストレス
日本企業の下請け部品メーカーが多い
日本企業仕事の進め方は日本流
仕事を選ばなければ就職可能
どのような業務でも任せられる
自分の担当以外の業務も
大企業が比較的多いです
最近、中小企業も進出してきています
駐在員給料は日本と変わらず高収入
面倒なことは全て会社が担当
数年(3年前後)で日本帰国辞令
駐在員求人募集は非常に少ない
現地採用いつまでも台湾在住が可能
技術者などは比較的高待遇
駐在員と比べると給料が低い
日本人としての優遇はなし
どうしても台湾で暮らしたい方向け




台湾で働く方法は、自ら起業するか、どこかの企業に就職するかの2者選択になりますが、台湾に始めてきて台湾に人脈が無い場合は、まずは現地の企業に何らかの形で就職することが最も一般的でしょう。

そして、台湾にある企業に就職する場合は、日本人の場合であれば、台湾にある日本企業か現地台湾の企業に就職するかの2者択一の選択になることでしょう。

多くの日本人にとっては、日本人であることの特性を最大限に活かそうとすれば、日本企業に就職する方が無難でしょう。

その理由は、業務上の仕事の進め方が、多くの台湾企業と日本企業では非常に異なることにあります。

日本の企業であれば、比較的日本人的な感覚で仕事を進めていっても問題は少ないでしょうが、台湾企業の場合は、例えば日本人の視点からは、非常に無責任で大雑把な業務に直面することもあるかもしれません。

そして、もし日本企業に就職するのであれば、現地駐在員と現地採用の二者選択になりますが、待遇面で非常に優遇されている駐在員と一緒に現地採用の社員として働くのは、少し不平等を感じるかもしれません。

駐在員として働く場合は、3年前後(長くても5年間程度)で日本へ帰国しなければいけなくなるため、その後どうしても台湾で暮らして生きたいと考える人は、そのまま会社を退職して台湾に残る方も多くいます。

いずれにしても、台湾で働く場合は、自分自身がどのようなライフプランを設計しているかによって決まってくると思います。



以前、台湾にある日系人材紹介会社の営業の方に話を伺った際、台湾で就職を有利にするためには、実務経験が重要だということを思い出しました。

それは何を意味しているかといえば、台湾にある企業は実務経験が豊富な即戦力の人材を欲しがっているということだと理解しています。

つまり、台湾にある企業は日系企業であろうと台湾企業であろうと、台湾では外国人の日本人を敢えて雇用する理由は、台湾人では務まらない、あるいは台湾人では業務が難しい仕事を日本人に任せるために雇い入れるのだと思います。

台湾でそのような日本人にしか務まらない仕事や日本人に任せたい業務は、必然的に絞られてきます。



例えば、日本語教師という仕事は、いくら日本語が達者な台湾人でも母語の干渉によるアクセントの訛りや日本語独特の言い回しなどは、なかなか実に付けられないものですので、そのような仕事は日本人に任せた方がよいのでしょう。

あるいは、日本人相手の客商売の場合を考えてみると、台湾には特に台北には思った以上に日本人が多く暮らしていますが、必ずしも中国語でコミュニケーションが取れるような人ばかりではないため、そのような日本人に対してサービスを提供する業務は日本人の得意とする業務になります。

例えば、台湾在住の日本人をメインターゲットにして経営している美容院を考えて見ましょう。

このようなサービスを提供する業種は、一度お客さんになってもらったら、継続してリピーターになる場合が非常に多いでしょう。

そして、日本人のお客さんから口コミで他のお客さんへ伝わり、お客さんがお客さんを連れてくるということが多いことでしょう。



あるいは、日本料理レストランも同様に、多くの場合は日本人をターゲットにしながら、和食好きな台湾人もターゲットになりえます。

このように、日本人相手のサービス業は、海外で日本人が働く場合に、最も得意としている分野の仕事になります。

そして、台湾に在住している日本人の中には日本人の最も得意としている分野で、日本語学校を運営している方も多くいます。

日本語学校の運営でも日本人用のゲストハウスの運営でも同じですが、厳密には政府の許認可が必要になりますが、この点は台湾では非常に緩いためか、無許可で営業している方も多くいるようです。

非合法での営業は、お客さんと致命的な問題が発生しなければ、何も問題視されませんが、何か問題が起こった時には営業停止に追い込まれることも考えられます。

いつか、この点についても考えてみたいと思います。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

日本の良いところ、台湾の良いところ

台湾も素晴らしいところがたくさん有りますが、それは旅行者、短期滞在、
若しくは台湾で収入を得ず、日本の年金で台湾で暮らす場合か、と思います。
台湾の方は良い人が多いです。特に学生の付き合い、おもてなし精神に富む方が
多いです。とても素晴らしい事で、台湾の方のおもてなし精神に敬服します。

でも、台湾の人のお金に対する執着は凄いです。悪い事ではないのかも
しれません。でも、やはり、日本人からすると、凄いです。

結局、台湾企業で働く場合、この事に慣れないのではないか、と思うのです。

                                          以上

Re: 日本の良いところ、台湾の良いところ

毎度コメントありがとうございます。
台湾人の方のお金への執着について同感です。
人間関係にお金が絡むとギクシャクすることが多いように思います。
台湾人の方は日本人にも増して貯金や投資が大好きです。
また、台湾人の転職理由のトップは、ダントツで給料に関することです。
そのため、台湾では日本とは比べ物にならないくらい、離職率が高くなるのでしょう。

> 台湾も素晴らしいところがたくさん有りますが、それは旅行者、短期滞在、
> 若しくは台湾で収入を得ず、日本の年金で台湾で暮らす場合か、と思います。
> 台湾の方は良い人が多いです。特に学生の付き合い、おもてなし精神に富む方が
> 多いです。とても素晴らしい事で、台湾の方のおもてなし精神に敬服します。
>
> でも、台湾の人のお金に対する執着は凄いです。悪い事ではないのかも
> しれません。でも、やはり、日本人からすると、凄いです。
>
> 結局、台湾企業で働く場合、この事に慣れないのではないか、と思うのです。
>
>                                           以上
お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。