スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の朝食に欠かせないピーナッツ麺筋はお粥と一緒に

台湾の独特の食文化の一つで花生麺筋のご紹介です。

台湾では、朝食ではお粥を食べるというのが伝統的な食文化として残っています。

そのお粥と一緒に食べるおかずとして欠かせないのが、麺筋です。



それでは、麺筋とは何でしょうか?



花生麺筋(ピーナッツ&グルテン)
原材料名: グルテン、ピーナッツ、醤油、砂糖、キサンタンガム、調味料(アミノ酸など)、食塩、キャラメル

原材料は、グルテンとありますが、グルテンとは何でしょうか?

グルテン (gluten) は、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種(ウィキペディアより)



こんな説明ではよく分からないですね。

もっと簡単に一言で言えば、いなり寿司の揚げのようなものです。



台湾でよく見かける麺筋は、缶詰の形で販売されていたり、瓶詰めで販売されています。

食べ方は、そのままお粥か白ご飯と一緒におかずとして食べることが多いですが、お酒が好きな方は酒のつまみにしてもいいかもしれません。

麺筋は、台湾のバイキング式レストランである自助餐でも、多くの場合は用意されていますので、自助餐で食事をする時にでも探してみてください。

多くの日本人の口に合う味付けだと思いますが、ご飯のおかずとしては少し甘いかもしれません。

そのため、子供たちには甘みのあるおかずだけに大好評です。

一般的に、台湾では麺筋は朝食のお粥と一緒に食べることが多いです。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。