スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で出版の書籍は日本ではいくらで販売?|台湾と日本の価格比較

台湾で出版されている書籍が日本でいくらで販売されているか?のレポートです。

最近は台湾ブームでも来ているのでしょうか?

日本でも台湾に関することを特集した雑誌記事だけではなく、台湾で出版されている書籍を日本の書店で販売していることもあります。

それに加えて、台湾でヒットした書籍を日本版として再製本して販売しているケースもあります。



まずは、台湾で出版されている書籍の台湾での価格と日本での価格を単純比較して見ましょう。

台湾で出版された書籍を日本に輸入して販売をしようとした場合は関税や消費税(あるいはそれに相当する税金)などの違いを検討要件に加えないで比較してみます。

つまり、消費者視点で購入できる価格を単純比較するということです。



私が日本でもお世話になった書籍で、しかも台湾に来てからもお世話になった書籍があります。

「実用視聴華語MP3付(1)」という台湾の繁体字での中国語を学ぶ際に多くの学習者がお世話になる教科書です。



楽天での価格  :5,162円
Amazonでの価格:5,790円


それでは、台湾ではこの書籍はいくらで販売されているでしょうか?

■この書籍の定価:580元(2175円)
■ネットでの価格 :522元(1960円)

台湾ではどのネット書店を利用しても、おおむね1割引で販売されています。

この書籍も、おおむねどこのネット書店で価格調査をしてみても1割引の522元でした。

台湾元から日本円への為替は、1元=3.75円で計算しています。



結論ですが、台湾で出版されている書籍を日本で購入しようとすると、2.4倍~3.0倍くらいの価格で購入することになります。

この価格差の中には、輸送費や関税・消費税の税率差、ストックとして売れ残ってしまう在庫コストなどが含められていると思われます。

それでも、最大で3倍近くの価格差が生じてしまう点を考えると、どこかにビジネスチャンスがあるのかもしれません。



ついでに、最近日本でも話題になっている以下の書籍の価格比較も簡単にしてみます。



■「制服至上:臺灣女高中生制服選」:台湾での価格:339元(1,270円)

■「制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版」:日本での価格:2,700円

こちらも日本での価格は2倍以上になっていますが、日本語に再製本されていますので、価格だけ単純比較をしても意味がないかもしれません。



最後に、以下の記事を参考にしてください。

台湾で日本の書籍を購入する方法(紀伊國屋書店台湾)と日本との価格差

上記の記事は私が以前簡単に調べてみた結果です。

今回の比較とは逆で、台湾で日本の書籍を購入する場合はどれくらい価格差が生じているかと言う視点でレポートしました。

結果だけ言えば、台湾で日本書籍を購入する際は、20~40%の割り増しで購入することができるようです。

日本で台湾の書籍を購入するには2~3倍の割り増し料金を払わないと購入できないことは驚きでした。

台湾では日本書籍のマーケットが大きいけれど、日本では台湾書籍のマーケットが小さいと言う理由意外にも、何らかの原因がありそうです。

その原因が分かれば、小さなビジネスを始めることができそうですね。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。