スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の国民年金保険月額費用の減額が適用される

台湾で配偶者の国民年金保険費用が減額されましたのでレポートします。

下記記事に台湾の国民年金保険生後の簡単な概要を以前レポートしました。

台湾の国民年金保険の制度と毎月支払いの保険料



事の発端は、妻のママ友が国民年金保険の減額について教えてくれたことに始まります。

日本では、学生であったり、一定の所得以下であったり、失業をしてしまった者は、国民年金の月額支払額が免除になったり、減額してもらえる制度があります。

台湾でも同様に、保険費用を免除してもらったり、減額してもらったりできる制度があります。

IMAG1829.jpg

上記の一覧表にもありますが、収入の低い世帯、心身障害者、所得が低い者などが減額の対象になっています。

減額分は政府の補助によって賄われるようです。



今回の支払い請求分は、昨年の11月と12月の2か月分の国民年金保険費です。


前回の支払い分(9月と10月)の保険費用は以下の通り、1556元(778元×2ヶ月)でした。

IMAG1825.jpg


そして、今回の支払い分(11月と12月)の保険使用は以下の通り、1166元(583元×2ヶ月)でした。

IMAG1975.jpg

結果的には、妻の国民年金の保険費用は1ヶ月あたり195元(390元/2ヶ月)の減額です。



それでは、この減額適用対象となる所得がいつの所得を基準にしているのかを、妻に聞いてみたけれど、分からないようです。

今年度の所得はまだ決定しているわけではないため、たぶん昨年度の所得を基準にして支払い保険費用の減額査定をしているのでしょう。

海外移住1年目は形式的には台湾での所得はゼロであったことを考えると、もう少しの期間は減額適用がされるのかなと思います。

減額適用になる所得水準もどれだけなのか不明ですので、何ともいえませんが、少なくても来年度は減額適用がなくなりそうです。



ついでの情報ですが、今年度(2015年)からは保険比率などが少し上がるため、台湾の国民年金保険費も少し上がるとの但し書きが付け加えられていました。

これらの保険費の算定基準は消費者物価指数によって、毎年改定されているようです。

私の配偶者の場合は、1ヶ月あたり30元ほど改定されて支払い費用がアップします。

以上、台湾の最新の国民年金に関する情報でした。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。