スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の忘年会文化と忘年会シーズン

台湾の忘年会に関する慣習をレポートします。

日本でも年末ともなれば、毎週のように忘年会ラッシュになりますね。

台湾でも同様に、旧正月が近づくにつれて、あちらこちらで忘年会が行われます。



台湾では、2月になり、シーズンが幕開けしたかのように、忘年会が行われています。

今年(来年?)の旧正月は、2月19日で、大晦日にあたる日が2月18日です。

そのため、あと1週間くらいは忘年会が毎日のように開催されることでしょう。

忘年会のシーズンに合わせるかのように、気温がグッと低くなり、肌寒い天気が続いています。



それでは、台湾の忘年会はどのようなものでしょうか?

私の知る限り、台湾ではどのような人が集まるか、どのような組織による忘年会かにより、アルコールがあったりなかったりします。

おおむね、男が集まって忘年会をする時にはお酒が入り酒盛りになることが多いです。

家族や友人・知人・恋人などを伴って行われる忘年会は、お酒が入らない忘年会になることが多いようです。

最近では、日本と同様に台湾でも飲酒運転の取り締まりや罰則が厳しくなっているため、あまりお酒が入った宴会は少なくなっているように感じます。



先日、そんな私も忘年会に招かれたので参加してきました。

1週間に一回だけお手伝いしている日本語教室での忘年会でした。

全員で20名以上の生徒さんとその家族や友人が参加していました。

夕方から始まった忘年会は、9時頃にはお開きになりました。

台湾では忘年会のような宴会は、何時から何時までというきっちりとした時間で始まり、何時で終了という習慣がありません。

そのため、集まった人から食べたり飲んだりおしゃべりしたりして、何となく始まっているという場合がほとんどです。

そして、終わる時も用事のある人から1人2人と抜けていき、人数が少なくなってきたところで、料理をみんなで持ち帰るという流れになります。



今回は、日本語教室で日本語を学んでいる方ばかりでしたので、日本語のレベルごとにグループを作り、彼らが日本の曲を歌ってくれました。

みんなとても楽しそうに、上手な歌を歌っていました。(下の画像中央の4人が歌を披露中)

IMAG1965.jpg

写真の中央にあるのが、メイン料理となったお鍋料理です。

その他にも、カレーライス、照り焼きチキンなどの肉料理、ピザ、ぜんざい、カステラやゼリーなどのデザート、各種飲料(アルコールはなし)などがありました。

結局、ほとんど食べきれずに多くの料理は分担してみんなで持ち帰ることになりました。

私は、カレーライスとお鍋料理の具をたくさん持ち帰らせていただきました。

料理もおいしく、本当に楽しい忘年会でした。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。