スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台中創意文化産業園区|レトロとモダンが融和した台中ローカルスポット

台中火車站(台鉄台中駅)の裏側にある台中ローカル観光スポットの「台中創意文化産業園区」をレポートします。

台中駅裏側には、第三市場というディープな昔ながらの台湾の伝統市場があります。

そこから徒歩で1分くらいの場所に台中創意文化産業園区があります。

台中駅から歩いた場合は15分くらいでしょう。



それでは、台中創意文化産業園区とは何か?

元々、日本統治時代の1914年に日本の酒造会社「大正製酒株式会社」が建造されました。

1922年に日本の台湾総督府により酒・たばこの専売制が採られたため、総督府傘下の専売局の工場となりました。

終戦後は、国民党による酒たばこ公売局(現臺灣菸酒股份有限公司)により引継がれ、1998年に移転するまで酒造工場として利用されていました。

その酒造工場の跡地を有効利用する形で、芸術文化村のような雰囲気で不定期に様々な展示会場として利用されているようです。

100年以上もの歴史ある建物がそのまま利用されているためレトロな雰囲気と現代アートが融合したお洒落な文化村となっています。

園区内には、お酒の展示館、カフェ、アートスペースなどがありました。

私が訪問した時には、日本の重要無形民俗文化財である古川祭り(岐阜県飛騨市古川町)の特別展示が催されていました。



それでは、画像を使って園区内をご紹介します。

正面門の入り口です。
IMAG2107.jpg

営業時間は午前7時から午後8時までです。
IMAG2094.jpg

酒造工場の跡地だけありお酒の文化館があります。
IMAG2095.jpg

お酒の空瓶(?)を使った現代アート作品が随所に見られます。
IMAG2098.jpg

以前の工場の面影も髄所に見受けられます。
IMAG2096.jpg

IMAG2097.jpg

お子様向けのイベントが開催されているようでした。
IMAG2100.jpg

開催期間:2015年1月24日~4月12日
IMAG2099.jpg


古川祭りに関する特別展が開催されていました。
IMAG2102.jpg

開催期間は3月8日までです。
IMAG2104.jpg

IMAG2103.jpg

会場内には古川祭りに関する衣装や祭りに関する小道具などの展示物が多数見学でき、その他特産品の売店もありました。
IMAG2105.jpg

IMAG2106.jpg


最後に裏門を出ると第三市場への通りに繋がっています。
IMAG2093.jpg


台中創意文化産業園区は第三市場とセットで見学やショッピングを楽しめば半日くらいは過ごせそうでした。

台中駅まで来られた場合、時間があれば足を伸ばして第三市場の喧騒の中でのショッピングを楽しんだ後は、産業園区でのんびりとした時間を過ごせますよ。



【台中創意文化産業園区】
住所:台中市南區復興路三段362號
電話:04-2229-3079
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。