スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外在住者に便利な電子書籍ストアhontoの利用方法とメリット

海外からハイブリッド総合書店hontoを利用してみましたのでレポートします。

長期間海外に在住していると日本語の書籍を読みたくなるものです。

そこで、今回はインターネットを利用して電子書籍をダウンロードできるかどうかを含めて検証してみました。



最近、電子書籍の書店が乱立して海外在住者にとって非常に便利な社会になりつつあります。

ところが、海外から電子書籍を購入しようとするといろいろややこしい問題に直面します。

例えば、アマゾンの電子書籍リーダーkindleを利用しようとすると、海外からは5冊までしか購入できないという制限があるようです。

あるいは、楽天ブックスの電子書籍リーダーKoboを利用しようとしても、IP制限で海外からは購入できないようです。

また、書籍の検索をすると英語の書籍しか出てこなくて、日本語の書籍が検索に引っかからないなど、利用にあたり諸々の問題があるようです。



その他に日本の書籍を電子書籍で利用できるような方法はないか考えてみました。

1つの方法は、上記のアマゾンの場合であれば、IPアドレスと日本使用に置き換えてウェブサイトにアクセスすることです。

つまり、前回ご紹介したVPNゲートを利用して、日本のIPアドレスを利用すれば、問題なく利用できそうです。

海外からは利用できないネット動画を視聴する方法
VPNを利用して海外から日本国内向けサービスを利用する方法(実践編)

それでも、電子書籍を一冊購入するだけなのにそんな面倒くさいことをしてられないという方もいると思います。
(VPNを利用するメリットはその他にもたくさんありますが・・・)



海外からでも利用できる電子書籍ストアがありました。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!です。

最初だけ、会員登録と電子書籍リーダー用の無料アプリをインストールする必要がありますが、3分程度で簡単な設定の後、電子書籍を利用することができました。

本来は、日本国内専用の電子書籍ストアのようですので、書籍の購入時には日本国内発行のクレジットカードが必要です。

IPアドレスに関しては、VPNを利用しなくても海外のIPアドレスでも問題なく利用できました。



実は、台湾には紀伊國屋書店があるため、紙ベースの書籍を購入しようとすれば、価格を気にしなければ書籍の種類は限られますが購入できます。

台湾で日本の書籍を購入する方法(紀伊國屋書店台湾)と日本との価格差

このような海外の本屋さんを利用する場合は、書籍の種類が限られることと書籍の価格が割高になるのがデメリットです。

hontoのようなウェブサイト上の電子書籍を利用すれば、場所や時間に関係なく即時に読みたい書籍が利用できるため、ストレスなく本を読むことができます。

お買上げ商品1点の金額100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まり、提携書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)のサービス実施店舗でもポイントを貯めることができるのもメリットです。



関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。