海外出産の場合の出産一時金

もう1年近く前の出来事になりますが、台湾人妻が母国台湾で海外出産をした際の諸手続きについて備忘も兼ねて少しずつ綴っておきたいと思います。

日本人夫と台湾人妻の間に宿った次男を出産するため台湾人妻は母国台湾で出産することに決めました。海外出産に伴い日本での諸手続きと台湾での諸手続きのダブル手続きをしなくてはならなくなりました。
そこで、本日は出産一時金について書いておきます。

出産に先立ち、日本の所轄の役所で出産一時金についての手続きを確認しておきました。役所の担当者には、妻は台湾出身であること、今回は台湾で出産すること、出産後数カ月後に日本に帰国すること、等を伝えたうえで、手続きに必要な書類などは何かを聞いておきました。
まず、健康保険あるいは国民健康保険に加入していないと出産一時金は受け取れないようです。(←当たり前)
以下のものを用意する必要があるとのこと
1)出生届書
2)出生証明書(台湾の医師に発行してもらう)
3)上記証明書の翻訳文(形式不問、翻訳者のサイン)
4)印鑑
5)母子健康手帳 など

台湾人妻が台湾で出産した後、早急に日本に出生証明書を送るように手配しておいた。というのは、出産直後に妻に翻訳をしてもらうのは体力的にも負担が大きいため、出産前に出生証明書の見本を参考に翻訳文を作成しておいたわけです。というわけで、出産後日本に送ってもらった出生証明書を持って役所に赴き、無事、出産一時金を受け取ることができました。

このような書類を日本と台湾との間で迅速に郵送するのは結構時間が掛かるものですが、自治体によっては暫定的に写し(コピー)でも可というところもあるかもしれませんね。(私の居住している自治体は原本が必要でしたが...)とりあえずコピーでも可ならばPDFかFAXでやり取りすれば大幅に時間が短縮できて便利なのに...。

Panasonic パーソナル普通紙ファクス シルバー 子機1台タイプ (A4送信/A4受信) KX-PW621DL-S

新品価格
¥13,840から
(2011/1/26 15:07時点)




海外に移住している方(日本国籍)が海外で出産して出産一時金を受け取るためには、一旦日本に帰国して住民票登録をして国民健康保険などに加入する必要がありそうですね。
関連記事

テーマ : 国際結婚 台湾×日本
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR