台湾の銀行(合作金庫銀行)で普通預金口座を開設する方法と注意点

台湾で銀行口座を解説する方法をご紹介します。

先日、銀行の普通預金口座を開いてきました。

やはり、現金を財布や自宅に保管しておくのはリスクが大きいかなと思い銀行口座を開設することにしました。



台湾で1番大きな銀行、台湾銀行の銀行口座を解説しようと思って行ったのですが、窓口で追い返されてしまいました。

適当に語学学校に行く途中にある台湾銀行の支店に行ってみました。

そうしたところ、銀行口座を開設する時は自宅から最も近い場所にある支店でないと銀行口座を開けないらしいです。

矛盾していますが、自宅から最も近い台湾銀行の支店は交通が少し不便で結構距離があるので台湾銀行の口座開設は諦めました。



そして、別の銀行で開設することにして、「合作金庫銀行」の支店が比較的自宅から近かったためそこに行ってみました。

日本ではあまり聞きなれない銀行名かもしれませんが、台湾では総資産ランキングでは台湾銀行に続いて2位の銀行で、台湾では支店が最も多い銀行です。

こちらの支店の窓口で尋ねたところ、合作金庫銀行でも同じように自宅から最も近いかどうかってことを確認されました。

少し揉めそうだったので、台湾人妻が対応してもらい、昔からお宅の銀行を使っていることを伝えると口座開設ができるようになりました。

台湾では銀行口座開設をする時、自宅から最も近い銀行支店でないと口座を作れないというのは法律かなんかで決まっているようですね。



他のブログでは観光旅行者でもホテル住所で開設OKってのを以前見たけど、今は居留証がないとNGなのかな?

ということで台湾で銀行口座を開設する際に必要なもの

1)フルネームの印鑑(姓だけの印鑑はNG、もちろん名前だけの印鑑もNG)
2)パスポート
3)外僑居留證
4)1000元以上(口座開設時最低預金額)



各銀行によっても口座開設のガイドラインは多少異なると思いますが大体どこも同じだと思います。

その場で顔写真をウェブカメラで撮影されましたが、犯罪防止対策なのでしょうか?

そして、書面にいろいろ確認のサインや印鑑を押印して、通帳とキャッシュカードを即日発行してくれました。

通帳を紛失した場合は100元、暗証番号を忘れてしまった場合は50元で再発行できるそうです。

通帳とキャッシュカードを受け取った後、そのままATMでキャッシュカードのパスワードを登録して終了です。

窓口が混雑していたこともあり、約1時間くらいで台湾での銀行口座開設の手続きは終了しました。

窓口が空いていてスムーズに手続きが終われば30分くらいでできることでしょう。


《追加情報》
台湾で銀行口座を開設するためには居留証が必要かと思っていましたが、移民署で統一編號というID番号を発効してもらえば、口座開設できます。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR