台湾のガソリン価格~日本と台湾の物価比較をしてみた結果~

台湾のガソリン価格から日本と台湾の物価比較をしてみた。

日本のガソリンの種類は、ハイオクとレギュラーの2種類のみ(+軽油)です。

それに対して、台湾のガソリンの種類は3種類(98、95、92)と超柴(スーパー柴犬w・・・嘘。軽油のこと)あります。

この98などの数字は何でしょうか?

いいぞっ、必死で調べました。

オクタン価というものだとのことでした。

つまり、数字が高いほどオクタン価が高くなりエンジンへの負担が少なくなると理解しておきました。

一般的には、高級車には98のガソリンを使い、一般的な自動車では95を使い、ボロ車や原付バイクなどは92を使っています。

日本のガソリンにもこのオクタン価での基準があり、JIS規格ではオクタン価96以上がハイオクで、オクタン価89以上がレギュラーなのだそうだ。

ところが実際販売されているハイオクはオクタン価98~100とのことです。

という事情を考えるとレギュラーもオクタン価92くらいはあるでしょう。



と言うことで、以下のようにみなして日本と台湾のガソリン価格を比較してみました。
(台湾のガソリン)汽油98=(日本のガソリン)ハイオク
(台湾のガソリン)汽油92=(日本のガソリン)レギュラー

先日の台湾でのガソリン価格がこれw
DSCN8032.jpg

レギュラーガソリン価格(12月上旬)
日本:150円位
台湾:110円位

ハイオクガソリン価格(12月上旬)
日本:160円位
台湾:130円位

日本と台湾のガソリンの価格差はおおむねリッター当たり30円から40円でした。



台湾のガソリンは安いのか?

日本と台湾のガソリンを比べたら台湾のガソリンの方が圧倒的に安いです。

しかし、両国間には物価の違いがあるので、そのことを加味して考えるとどうなるか?

以前こちらの「台湾の物価」という記事で触れましたが、日台間には所得水準と物価水準のバランスが異なります。

年収水準は台湾を100とすれば日本は200~250位でしょう。

つまり、日本の平均年収は台湾の平均年収の2.0~2.5倍くらいでしょう。

年収に対して、日本のガソリン価格は台湾のガソリンの1.2~1.4倍くらいになります。

台湾人の視点から見ると、年収に対してガソリン価格は他の商品と比べても非常に高い商品と感じることは間違いないでしょう。



それなのに、自動車の所有率も高く感じますし、それ以上に原付バイクの所有率も日本とは比べ物にならないくらい高いです。

台湾人1人に対して1台所有していると思えるくらい多くの台湾人が所有しています。

ガソリン価格が年収を考慮すると非常に高いため、台湾の一般庶民は原付バイクを使っているのかもしれません。



ちなみに、(自分の知る限り)基本的には台湾ではほとんどのガソリンスタンドのガソリン価格は同じです。
(ごく稀にキャンペーンとか提携クレジットカードを利用すると1~2元安くなる場合あり)

これは台湾には石油元売り=国の構図があるからなのでしょうか?

どなたか知っている人がいたら教えてください。



《追加情報》
IMAG1923.jpg

台湾のガソリン価格(オクタン価95)(2014年12月時点):27.4元/ℓ
台湾のガソリン価格(オクタン価95)(2013年12月時点):35.4元/ℓ

結果、2013年12月から2014年12月までの1年間でガソリン価格(95)は、原油価格の暴落も後押しして1リットル当たり8元程度安くなりました。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR