台湾の四大仏教・中台禅寺の大本山に招待された

台湾・南投県にある中台禅寺というお寺に行ってきた時の話です。

台中市からは車で約40分くらいで到着しました。

高速道路ができたおかげで随分近く感じられました。



今回、このお寺に行った目的は、知人の台湾人の方がこちらのお寺の佛教学院というところでお坊さんに日本語を教えています。

いいぞっも近い将来、日本語教師のボランティアをするかもしれないということで、日本語教授の現場を見るために招待されたというわけです。

この日本語クラスのお坊さん達は、博士号取得者が多く、少なくとも修士以上の方たちばかりの超エリートさんたちだそうです。

そして、見るからに威厳のある顔つきの方や表情話し方から超エリートサラリーマンの臭いがする人たちばかりです。

普通の大学や大学院と違い、年齢的にもかなり平均年齢は高いようです。

元々、大学の教授とか建築家とか弁護士とか・・・そんな方達ばかりのようです。



そして、この学院内では何から何まで完全に男女別々です。

まず、トイレ、これは当たり前w

授業を受けるクラスも男性は男性のみ、女性は女性のみで分かれています。

今回聴講させてもらった日本語授業は残念ながら(?)男性たちでした。

ちゃっかり、備品とかをチェックしたら男性クラス用とか書かれていました。

そして、昼食もよばれたのですが、食堂も男性と女性で食事をするスペースがしっかりと区分されていました。

そして、食堂では誰も一言も話していなかったので、そのことについて尋ねてみたら、食堂では話してはいけないルールになっているそうです。

宿舎もありましたが、当然こちらも男女別々です。



仏教学院の周辺には、小学校、中学校、高校など全て全寮制で教育機関が一箇所に集まっています。

小学校では4つの外国語を学ばなければいけないらしいです。

私立小学校のため1年間の授業料は目が飛び出るくらい高いです。

こんな100%仏教の小学校なのに、ほかの宗教の子供達も学ぶことができるし、実際キリスト教の子供も学んでいるらしいです。



このお寺を訪問した日は平日だったけれど、何十台かのバスが駐車場一杯に泊まっていました。

その観光客の内、7割くらいは中国からの観光客だそうです。

そして、残りの3割ほどが台湾人や日本人などの他の外国人観光客だそうです。

今回はこのお寺の全てを見て回る時間がなかったけれど、丸丸1日掛かりで見て回ることができる規模だそうです。

何から何までとてつもない金額が投資され1つの社会が作り上げられています。

このお寺を訪問して、精神世界の凄さを感じると同時に精神世界の怖さも感じました。

こころの居場所を求めるのにお金の額は関係ないのでしょう。

1元でもお布施、100億元でも同じお布施です。
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

No title


http://blog.goo.ne.jp/kensakuwatabe

プリでゲストハウスを経営されている方のブログです。
ゲストハウスを経営している日本人は高雄、プリ、台北等、
数人おられるようです。ご参考ください。

Re: No title

コメントありがとうございます。
プリゲストハウスですね。
私もよくこのブログは拝見しております。
GH経営者さんとはまだお会いできていませんが、いつかお会いできるでしょう。

> http://blog.goo.ne.jp/kensakuwatabe
>
> プリでゲストハウスを経営されている方のブログです。
> ゲストハウスを経営している日本人は高雄、プリ、台北等、
> 数人おられるようです。ご参考ください。
お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR