台湾国内のハガキと手紙の郵便料金のまとめと日本の郵便料金との比較

台湾国内でのハガキと手紙の郵便料金についての話です。

台湾国内でハガキや手紙を送る日本人は、台湾に住んでいない限り、かなり少ないと思います。

先日、仕事関係で大量のハガキと手紙を台湾国内に出すことになり、初めて台湾の郵便料金を知りました。

今まで、台湾から日本へ手紙やハガキを出すことはあったのですが、台湾の国内郵便を利用したことがありませんでした。



今回せっかくの機会なので、台湾の国内郵便料金をまとめておきます。

簡潔に言うと以下の通りです。

taiwanyubin.jpg

例えば、ハガキ(明信片)一枚2.5元(約8円)、手紙(信函)一通5元(約17円)から、内容物が印刷物なら更に安くなります。

小包1個100gなら、たったの10元(約35円)だけw

「限時」は速達郵便で数十元追加料金を払うだけで利用できます。

「掛號」は書留郵便でこちらも数十元追加料金を支払えば利用できます。

日本と同じで切手を貼ってポストに投函することが一般的なので、台湾の郵局窓口に切手を貼らずに手紙を持っていくと書留郵便かと聞かれることが多いです。



上の画像の右上を見てみると、民国94年6月1日と書かれています。

現在は民国103年なので9年間、台湾の郵便料金は改定されていないことになりますね。

台湾の物価は9年前と比べて随分上がった印象ですが、郵便料金は上がっていないというのは不思議です。

日本の郵便料金は、今年の4月から消費税が8%に上がったために改定されていますね。

台湾と日本の郵便料金を単純に比較すると、ハガキ1枚52円6倍強、手紙1通は5倍くらいです。

来年、消費税が10%に増税されれば、また日本の郵便料金も税込みでは上がりそうなので、その時は更に日本と台湾の郵便料金の格差は広がりそうです。



ちなみに台湾では郵便局を日本統治時代の名残りなのか「郵局」と呼んでいます。

いや、元々中国から「郵局」が日本に伝わって言葉の変化で日本では郵便局になったのかな?
関連記事

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR