台湾の大学で新米日本語教師1年目の1学期を振り返ります

台湾のとある大学に日本語教師として採用になり、約半年が経過したため、昨年の9月からの前学期を振り返っておこうと思います。

9月から大学で台湾の学生(中国からの留学生も)に日本語を教え始めたのですが、それ以前は日本語を教えた経験も日本語教育のバックグラウンドもない自分が大学の教壇に立っているのが最初の1~2ヶ月間は不思議でたまりませんでした。

これは、同じ状況で同じ経験をした方でないと分からないと思います。



一般的には、海外の大学で日本語を教える場合は、日本で大学の主専攻か副専攻で日本語および日本語教育に関する学習をするか、日本語教師養成講座を受講して、日本語学校か地域の日本語教室などで日本語教師としての助走期間があり、海外の学校へ転職することが多いようです。

今回、私は全くの素人だったため、大学の新学期が始まる前に急遽、台湾で定期的に開催されている日本語教師養成講座を受講して、日本語学習者にどのように接して、どのように教えるべきか、などの一般的な知識と教授法を学習しました。

ところが、大学では今まで日本語を全く学習したことがない入門者を相手に日本語を教えなければいけなくなりました。

少しだけでも日本語の学習経験がある学生に教えるのと全く日本語の学習経験がない学生に教えるのとでは、教える側の負担が全く違います。



まず、一番最初の授業では、座席数50席以上の教室にほぼ満席の学生が集まっていたのを今でも忘れません。

学部事務室の方でも、一クラスの学生数が何人になるのか授業の登録状況によって変わるためハッキリとは分からないと伝えられていたため、多くて30名くらいだろうと思っていましたので、あまりの学生の多さにびっくりしました。

一番最初の授業は、クラスの登録をしている学生も未登録の学生も入り交ざっているようなので、あれほど多くの学生が集まったのでしょう。

それでも、学生数が最も多いクラスは50人以上の登録があり、最も少ないクラスでも30人以上でした。



どの大学でも同じかもしれませんが、回を重ねるごとに学生の出席人数は少しずつ減っていき、中間試験や期末試験前になると教室内は学生で熱気を帯びるという状況でした。

自分の教え方が、もっと熟練していて学生を飽きさせない技術があれば、毎回の学生の出席率は変わらないでしょうが、素人で新米の日本語教師にはそれ程の技量はなかったようです。

そして、学生に日本語を効率よく身に付けてもらうため、あるいは学生を飽きさせないで授業に集中させるために、毎回授業が終わってから反省をして、また次の授業のための試行錯誤のために頭を悩ましました。

自分の頭でいくら考えても限界があるので、ベテランの先生に話を聞いたりやインターネットや書籍などで最も自分にあった教授方法を探る毎日でしたが、結論的には一般的な教案を真似して授業を進めることが最も効率的だということに最後になって気が付きました。



そして、最もショックだったのは、こちらがどんなに頑張ってよい授業の準備をしてみても、外国語を習得することの難しさにぶつかって習得することを諦めかけている学生を振り返らせることができなかったことです。

日本語だけではなく、外国語の習得は非常に時間が掛かる反面、必要な文型や単語は暗記しなければ習得が進まないのが現実ですが、このプロセスは必ずしも楽しいものではないため、1人2人と脱落者が出てくると、雪崩のようにクラス全員にそのような風潮が蔓延していきます。

そして、学習意欲に満ちた少数の学生とほとんど学習意欲がなくなった多数の学生という二つの集団にグループ化していきます。

そして、学習意欲が高い学生に基準を合わせるとやる気のない学生から難しすぎる、学習進度が速すぎるなどの不満が出てきます。

一方で、学習意欲が低い学生に基準を合わせると、やる気のある学生からは、反対に学習進度も遅く、学習内容も薄く受講していても為にならない授業だとの不満が出てくることになります。

この辺の学習者間のギャップを上手に操って、クラス内での習得レベルの異なる学習者に対応して、学習者全員に高いモチベーションを持たせることは、熟練した日本語教師の腕の見せどころなのだろうと思います。



そして、先日期末試験が終わり、私が担当する前学期の授業は全て終了しました。

台湾の大学で日本語教師として日本語を教えたこの半年間を振り返って、一言で表すとすれば、「疲れた!」(笑)

期末試験の結果は、各クラスに大きなばらつきが出て、よく理解できているクラスとそうでないクラスがありました。

どのクラスもほとんど同じ教え方で、ほとんど同じ内容を教えたにも関わらず、教え方が下手だったためか、あるクラスはかなりひどい試験結果になってしまいました。

逆に言えば(プラスの発想をすれば)、あるクラスではかなり順調に学生が日本語を学習してくれたおかげで、良い試験結果になったともいえます。

最後に付け加えると、一般論として、日本でも台湾でも同じことで、勉強だけに限ったことではなく仕事でも同じことですが、モチベーションの高い人は放置していても自ら道を切り開いていきます。

その反面、モチベーションの低い人は放置しておくと堕落していくばかりで、このような人たちのモチベーションを上げるのは非常に難しいということを思い知らされた半年間となりました。

IMAG1944.jpg

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

海外移住後の日本人児童への日本語教育と外国語教育

子供を連れて海外移住した方が自分の子供にどのような言語教育をすべきか考えてみました。

海外で暮らし始めると、特殊な状況を除けば、周りの環境は外国語だけです。

そのため、現地の幼稚園と小学校へ通い始めた子供たちは、半年もしないうちに中国語でコミュニケーションがとれるようになりました。

その反面、日本にいた時は何も不自由しなかった日本語をどんどん忘れていって、今では次男の方は、少しの単語を除いてはほとんどしゃべれなくなってしまいました。



一般的に、幼稚園や小学生くらいの児童の場合は、日本人学校か現地のローカル学校の選択をすることになりいますが、私の子供たちは、台湾人の子供しかいない国民小学校に通学しています。

必然的に、小学校では授業は全て中国語(北京語)のため、日本語を使う機会は私たち両親だけになります。

彼ら子供たちの言語習得能力には驚かされます。

同じ子供たちと遊んでいるだけで、どんどん言葉を吸収していき、台湾に来て半年くらいは、少し戸惑っていたり、小学校の授業についていけずに苦労している時もありましたが、1年も経過すると全く言葉の問題はなくなりました。



それでは、台湾に移住してもうすぐ2年間が経過しようとしている、現在の子供たちの言葉の現状はどうなっているか?

中国語は台湾人と同じようにコミュニケーションをとることができるようになっています。(長男は文字の読み書きもできます)

一方、日本語については、長男は忘れかけていて、次男は完全に忘れてしまいました。

長男は、日本語を単語を並べる程度にしか話せなくなっていて、次男は知っている単語数が激減してしまいました。

彼ら2人に共通していえることは、口を付いて出てくる言葉は、中国語で日本語ではありません。

すでに、子供たちは日本語で話すことが億劫になっているため、簡単にコミュニケーションができる中国語を使いたがります。



以前お会いしたことがある言語学者の方が仰っていましたが、子供の言語能力は周りの言語環境に敏感に影響されるということを思い出しました。

その先生も、国際結婚をしていて外国人の方をお嫁さんに持つ日本人ですが、日本に住んでいる時には子供の日本語の習得が進み、その他の英語などの言語能力は低下していくというデータを示して説明してくれました。

一方、英語圏で生活していた時には、英語の習得はスムーズに進んだが、日本語の習得は比較的難しかったと述べていました。

子供は、意識的に言語を学ぼうとするのではなく、無意識的に言語を身に付けていっているため、意識的に言語を習得しようとする大人の言語学習とは全く異なるため、周りの言語環境に非常に影響を受け易いのだろうと理解しています。



それでは、このような周囲が外国語(中国語)ばかりの環境の中で、子供たちに日本語少しでも関心を向けるためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

一つの方法は、両親が自宅で子供に対しては日本語しか使わないようにして、中国語で話しかけてきても相手にしないようにすることが考えられます。

それも配偶者の協力がなければできないことですので、諸事情により日本語だけの生活環境が確保できない場合はどうしたらよいでしょうか?

日本語の学校に通学させたり、ウェブサイトを利用した日本語教育を利用することも一つの方法でしょう。

ところが、子供の集中力は大人よりも短時間であることや、このような学習方法は、子供にとっては言語の習得という意識ではなく、厄介な勉強時間が増えただけだという意識があると思われます。

そのため、言語を習得するための勉強は、子供にとっては苦痛以外の何ものでもありません。



それでは、他には何か良い方法は無いでしょうか?

日常生活の中で、自分の子供たちの行動を観察していて、そのヒントを見つけてしまいました。

台湾ではテレビ番組は100チャンネルくらいあり、その中でもアニメ番組はいつテレビを付けても、5~6チャンネルくらいは放送されています。

子供たちは、このアニメ番組が大好きで、時間があればアニメばかり見ていて、何時間見ていてもテレビの前から離れようとはしません。

これが、海外で日本語を忘れかけている子供たちに、もう1度日本語を思い出させるためのヒントです。

台湾で放映されているアニメのほとんどは、中国語あるいは他の原住民の言語などに吹き替えられています。

そのため、テレビで放映されているアニメで日本語を習得させることはできません。

そこで別の方法を考えてみたところ、Youtubeなどのインターネット媒体を利用すれば、日本語で視聴できるアニメはたくさんあります。



そこで、試しに子供たちに面白そうなアニメを選んで日本語のアニメを見せたところ、案の定、食いついてきました。

特に小さな子供の集中力は比較的短いため、10分以内で完結するアニメを何本か見せました。

結局、1時間以上ユーチューブでアニメを見続けて、もっと見たいという子供たちを振り切り、強制的にアニメの視聴を終了しました。

海外に住んでいて、子供たちの日本語が怪しくなってきたと感じる方は、一度試しに日本語のアニメを視聴させてみてはいかがですか?

逆に、日本で子供たちに外国語(英語や中国語など)を習得させたいとお考えの方は、外国語のアニメを子供に視聴させたら効果があるのではないかなと思います。

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台湾で常勤の大学教員になる条件とその方法

台湾で常勤の大学教員になる条件とその方法についてのご紹介です。

台湾では多くの日本人が、主に言語学分野つまり日本語教育の分野で大学教員として教鞭をとっている方が多くいます。

ただし、大学教員といえど、常勤(専任教師)と非常勤(兼任教師)によって採用の条件などが大きく異なります。



まず、非常勤講師の場合ですが、多くの日本人の方が台湾の大学で日本語教師として活躍しています。

日本語教師として大学の兼任教師になるための条件ですが、概ね以下の点をクリアしていると、応募要件を満たしていることになります。

・修士以上の学位(日本語学、日本語教育、言語学などの分野が望ましい)
・日本語教師としての経験(最低3年以上の経験が望ましい)


その他の要件としては以下のような点をクリアしていると採用に際して有利のようです。

・就労ビザの取得要件(配偶者が台湾人の場合は就労ビザ取得の必要なし)
・日本語教育以外の分野でも専攻する研究分野あるいは副専攻の研究分野があること
・中国語でのコミュニケーション能力



それでは、常勤の大学教員(専任教師)になるためにはどのような条件と能力が必要になるのでしょうか?

まず、大学の教員の職務内容からご説明します。

常勤の大学教員の職務は大きく3つあります。

・研究
・教育
・行政

大学の教員は、自分の専門分野の研究だけではなく、学生への教育つまり授業の担当、あるいは行政の役割も求められます。

行政とは、大学には各種委員会があり、各委員会にはそれぞれの教員が割り振られる形で担当が決められます。

例えば、私が大学への応募にあたり簡単な説明を受けた際には、専任教師としての採用の場合は、日本や日本以外の外国の大学や企業との交渉などの仕事をしてもらうことになるとの話がありました。(結局、専任教師にはなりませんでしたが)

以上のように、大学教員は研究職として特別な仕事だと思われがちですが、じつは行政の仕事も多いため、調整能力や事務処理能力が求められます。

以上のことを踏まえた上で、大学の専任教師になるためには、以下のような条件を満たしている必要があります。

・博士の学位、あるいはそれ相応の研究業績(分野は問われない場合が多い)
・研究業績(今までに発表した研究論文)
・日本語教師としての経験

概ね、以上のような条件が応募条件となっている場合が多いです。

そして、何よりも重要なことは、採用枠を紹介してくれるような人脈です。

応募希望大学内に知り合いなどがいて、その方がその学部のキーマンであれば、採用の可能性が大幅に高まります。



最後に、台湾の大学教員の呼称をまとめながら、今回の記事のまとめをしておこうと思います。

日本の大学では、以下のような職階となっています。

・教授
・准教授
・講師
・助教

一方、台湾の大学では、以下のような職階となっています。

・教授
・副教授(日本の教授と准教授の間に相当)
・助理教授(日本の准教授に相当)
・講師


台湾で大学教員として採用されるためには必要なものは、学歴と人脈に集約されるかと思います。

台湾で大学教員をしたい方は、日本で博士の学位を取得することをおススメします。

そして、日本語教師として台湾の大学で教員になりたい方は、日本語学、日本語教育、日本文学、日本に関する社会学など日本に関連する分野の修士以上の学位を取得しておきましょう。

台湾では、学術的な研討会や学会などに参加するなどして人脈を作りながら、ポストを紹介してもらうのが一番の近道となるでしょう。

私の知人の日本人の方は、ポストの応募をしているかいないかに限らず、一方的に履歴書などを大学に送って、大学の教員のポストを得たそうです。

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

お得情報
海外でのネット接続に!
スポンサードリンク
お問合わせ
プロフィール

いいぞっ

Author:いいぞっ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログのランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR